声優 遠近孝一のブログです。
 
<< プチshock | main | 秒針はただただ進むのみ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.12.28 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
生きている遺物たち
あるテレビ番組で
生存競争にさらされ
閉鎖が決まった郷土資料館が紹介されていました。


長引く不況の影響もあってか
公共の小規模な資料館の存続は
どこも危ういそうです。

仕事で
展示品のガイドなど
音声収録でお世話になることも多いのですが、
確かに
収録予定だったものが中止になったり、
時間が短縮されたりと
予算や運営の苦しさは肌で感じられます。


先日も、
博物館を閉鎖して
展示物をすべてディスクにして紹介するという話を聞きました。

入場者が少なく
時代にそぐわないとの理由で
流行の「事業仕分け」に引っかかったそうです。


僕は
今も昔も
博物館や資料館が大好きです。

あの薄暗く
静かな独特の空気のなかで
遺物と対面し対話し
自分の世界を広げていく。

実物を目にして
重さや大きさを体感する。

映像だけではわからない
これはまさに
「生きた教育」です。

恐竜の化石を前に恐怖し
SLの運転席で悦に入り
静電気で髪を逆立て驚き
鎧や兜を着て勇み立つ

子供も大人も
同じ目をして「感じ」ているのです。

その感じた「何か」が
時代を作っていく刺激なのではないでしょうか。


多くの公共資料館は
単なるコレクションの展示に終わっている気がします。

錆びついて転がる農具や
ホコリまみれの蝋人形から何を感じろというのでしょう。

ガラクタ同然の扱いをされ
見向きもされない「遺物」たち。

彼らには
かつて与えられた使命を
次に伝える大切な役目があります。

死んでしまった残骸ではありません。

世の中が停滞し
落ち着きのない今だからこそ
「アナログ」に活路を見出すことができるのではないでしょうか。

インターネットの画像や動画だけでは
知識は身についても感覚は養えません。

見つめる子供たちの
そして大人たちの
心を養う場として
見直してほしいと思います。


「見せてやる」のではなく「見て感じてもらう」。

教育は投資です。





【2010.11.20 Saturday 02:06】 author : 遠近孝一(とおちか こういち)
| - | comments(11) | - | pookmark |
スポンサーサイト
【2012.12.28 Friday 02:06】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
遠近さん、こんにちは。
そんな番組がやっていたとは露知らず・・・。でも私もそう思います。
教育現場に勤務している私ですが、本当に『投資』だと思います。
投資して、未来の財産または保険になるわけですから、本当に、デジタルだけじゃ済まされないことがたくさんありますよね。

言葉の意味がわからなければ辞書を引くのが当たり前だった時代、今では電子辞書になり、その場所に行かなければわからない空気も、今は手元にある携帯や顳丕硲錬里覆匹韮械弔嚢圓辰慎なにさせられてしまう、本当に悲しいです。

私も博物館や資料館など大好きで、時間があればそれらに触れたいのに・・・とブログを読ませていただいて思いました。

もっともっと多くの子どもに触れてほしいのに残念ですよね。
声優さんのお仕事もいろんなところで活躍されてるかと思いますが、これからどんどん科学が発達すればどうなるのか・・・

でも遠近さんの活躍は応援してますので★
また更新お待ちしております。
失礼いたしました。
| あやの | 2010/11/20 10:40 AM |
遠近さんこんにちは。

ブログを拝見して、本当に、本当にそうだと思いました(>_<)
すぐに数字として結果に現れなくても、長い目で見れば大事なものがあると思います。
一番大切なのは「人」の力だと思うので、教育は本当に世の中で大切なものだと私も思います!
何をどう頑張ったら良い方向に向かうのか、難しいですが(>_<)来年の春から社会人になる身としても、よく考えたいことだと思いました。
| 明子 | 2010/11/20 10:59 AM |
遠近さんこんばんは!

ああ例の事業仕分け…まさかそういう大切な資料や昔のものなど教科書くらいでしかお目にかかれないものを展示してあるところを閉鎖なんて…
私は以前函館の小さな縄文時代の遺跡が発掘された博物館とやらに両親と訪れたのですが、教科書では感じ取れない神秘や時代の流れをあの雰囲気だけで感じ取れたような気がして、本当に学べたなと思ったのですが…雰囲気的にあまり人が来ている気配もなく、そもそも観光客もあまり来ないと父が言ってました
だからそこも閉鎖してしまったのかな…と考えたら思いますが、ああいうのはやっぱり直接眼で見て肌で感じ取ることが必要ですよね、無くなるなんてもったいないです…
ではおやすみなさい!
| 舞衣 | 2010/11/20 11:31 PM |
 こんばんは。
 これは…でも。お金どうこうもですが、日本人の意識も変わってきているのも一因だと思います。
 私はもう、子どもがいても良い年ですが。周りの友達が「休みなのに、博物館せがまれてさ〜。そんなのネットで見ればいいのにな。」…と。よく、そんな会話を耳にします。今は『公園で遊んでいる親子』を見るのも少なくなりました。
 ネットやゲーム機器が発達するのは良いと思います。だって、身体の不自由な人やお年寄り…外をあまり出歩かない人などは、様々な人と触れ合えたり色々な物が見やすくなったり買い物しやすくなったりするから。
 でも正直…怖くなります。世の中、機械にばかり頼って。コミュニケーションの取り方をわからなくなったり、(遠近さんがおっしゃるように)自分の眼で見て考える&触って感じる能力が衰えていくのが。
 年賀状だって…年賀メールで済ませる人が増えましたもんね。年に一度位、書けば良いのにと思うのですが。…もう、これも古い考えなのでしょうか。悲しいです。
 長々と、失礼致しました。でも、今回のblogを読ませて頂き。私自身、色々考えさせられたので書かせて頂きました。キッカケをありがとうございましたm(_ _)m
| ダイゴヨウ=アドロクス | 2010/11/21 12:56 AM |
「許す」と「理解出来る」の違いを解る人が少なくなっていますよね  最近

大人も子供も  もっともっと経験値を重ねていかないとね

歳を重ねる事は 生きていれば出来るけど  経験値は能動的にならなければ稼げないよね
| 彩音 | 2010/11/21 2:59 AM |
遠近さん、こんばんは。
ブログを読んで共感しました。確かに今の博物館や美術館などは、本来の目的から目線が大きくズレているのが現状です。
戦争が残した負の遺産でさえ、過去を反省する教材としての価値を失いつつあると思います。私は都合の悪いものは徹底的に排除した結果、人間らしさを養育する能力を得る機会を失った人達が、安心出来る世の中を創る事に違和感を感じます。
人の痛みや人の死を理解出来ない子供達が増えているのは、心が育たない環境に置かれているから。
大人が身の危険や負の感覚から守り過ぎてしまったからです。今の世の中の人達に、人間が心を持って産まれてくる意味や精神的な感覚を養育する大切さを正しく理解して欲しいです。
心は『魔法』、心を持って産まれた人間は『魔法使い』なんです。
遠近さんもくれぐれも悪い魔法使いにはならないで下さいね。
| ひよこ | 2010/11/22 2:53 AM |
 こんばんは。何度もすみません。
 思ったんですけど…。一昔前から比べると、マナーや常識がかなり低下している事にも問題があると思います。だからやむなく、ガラスケースに閉じ込めたり、手を触れる事すら許されなかったり。親が注意しなくてはいけないのに、野放しにしていたり。
 私が子どもの時なんか、悪い事すりゃ外でも容赦なく叱られたもんですけど。青信号点滅している時に渡ろうもんなら「危ない!」とか。今は、赤信号でも普通に…車来てなかったら歩行者渡ってますもんね。老若男女問わず、東京でもドコでも。信号の長短関係なく。
 マナーの低下について、(私も含め)考え直せれば良いですね。私らがマナー悪くしてたら次世代の子どもたちも、真似してしまいます。こういった施設、様々な分野で発達してもずっと必要だと思うし、私もいつか子どもと一緒に触れて楽しみながら勉強したいですもん。
 どうしても言いたかった事なので、スペースお借りしました。遠近さん、失礼致しました。
| ダイゴヨウ=アドロクス | 2010/11/23 12:11 AM |
遠近さんこんにちは。

久しぶりに時間に余裕が出来たので、遠近さんのブログを読みに来たのですが…資料館の一つが終わってしまうとは残念に思います。
これを境に沢山の資料がこの世から消えてしまうのかと、思うと切ない気持ちに成りました…。
私は仕事柄、あまり遠出が出来ない為に駅近隣の展示会場へと足を向ける事が多いのですが…特に昔ながらの工芸品などはいつ見ても良いものです。^^
今、経済不景気でみんな資料鑑賞どころでは無い位に必死に仕事をしている世の中…早く昔みたいな心の落ち着きを取り戻して欲しいです。国のトップや政治家さん達しっかりして欲しいです。´`
こんな世の中ですが、遠近さんには水を得た魚の様に何時までもイキイキしていて欲しいと思って居ます。^^
沢山の番組を見ている中…時々どこかの民族の声が遠近さんだと心なしかウキウキして居ます。^u^-
これからもご活躍して私達を癒やしてくださいっ!\(^O^)/…何て、ちょっとふざけて言ってみたり……すみません。orz
では、長々と失礼致しました。今後もお声を聞くのを楽しみにしてます、お元気様でした。(^-^)ノシ
| 愛美 | 2010/11/30 10:57 AM |

初めまして!!

ひそかに遠近サンのファンです(・ω・)/笑


私、国語力ないんで

あんまりよくわからないんですけど

いくら時代が進んでも

展示物とか歴史をかんじる物は

やっぱり直接見たいです。


それってやっぱり私も大事だと思います!!


今度博物館とか行ってみます〜


遠近サンお仕事がんばってください!!




| かのん | 2010/12/01 6:32 PM |
私も博物館が好きです。なかなk東京へ行くことができなくなりましたが、昔は地図を持って博物館を見つけては行ってました。
今はいろいろな理由で自分の意思に関係なく、仕事(大まかにいえば)をやめなくてはいけない時代になってしまったようですね。
自分勝手な意見ですが、少なくてもここにきている方々が、そういった理不尽(?)なことに巻き込まれないように祈るばかりです。
| 桜井 | 2010/12/02 6:08 PM |
音泉さんありがとー!!
| こんばとら〜 | 2010/12/04 5:52 PM |
コメントする